CowLo-コウロ

新潟のフロン排出法 点検専門業者

世界規模で進行しているオゾン層破壊を止めるため
新潟の若手技術者が全力で取り組みます。

ボタン - Cowlo(コウロ)について

NEWS

くうき工房だからできるコロナ対策
細菌類もごっそり落とす!ウルトラファインバブル洗浄
[フロン排出抑制法の7.5kw以上の業務用エアコンの法令点検]先着100社様までのスペシャルサービス!エアフィルター洗浄を無料で実施致します!
エアコンの定期点検で経営リスクを最小限に!

((( お任せ楽々 3つのプラン )))

[凡例]

点検整備記録簿の作成とデータ管理 /

不具合箇所の発見と修理のご提案 /

法令点検検査

プラン
点検整備
記録簿作成
点検整備
記録簿記入
簡易点検
法令点検
頻 度 1回あたり
1台料金

不具合発見
修理提案
(オプション)
フィルター
洗浄(無料)
A 1回限り 4,600円
B 3ヶ月に1回 9,600円
C 1〜3年に1回 29,700円

冷媒漏えい連拳整備記録簿、1台につき1記録簿
初回作成のみ

現地へ伺い、型名、出力、ガス量を調査してカルテの作成までコウロが行います。

第一種特定製品(点検対象機器)1台につき、1つの「フロン漏えい点検整備記録簿」が必ず必要です。(2016年4月以降に記録簿の無い機器は、罰則対象)記録簿は、管理者様ご自身で作成もできますが、室外機の名番や型番が見えない、出力や型番号記入などの事務手続きが意外と面倒・・・。ぜひコウロに全てお任せください!


記録簿の作成とセットになったお得なプランです。項目別に目視による点検+記録簿作成
3ヶ月に1回

点検機器の健康診断です!コウロが簡易点検と記録簿管理も行います。

管理者様は、全ての第一種特定製品(点検対象機器)1台につき、3ヶ月に1回の簡易点検を行わなければなりません。点検は、項目別に目視確認を行い、慣れていない作業にひと苦労・・・。もし点検が上手く出来ていなくてフロンを漏らしてしまった場合は、重大な罰則対象となってしまいます。
簡易点検も、コウロにお任せ頂ければ、安心の点検技術でしっかり確認!

無 料フィルター洗浄無料で行います。

オプション

不具合箇所を発見し、改善のご提案をします。(別途見積)


記録簿の作成とセットになった大型事業者向けのプランです。専門の知識による点検+記録簿作成
1〜3年に1回

点検機器の人間ドッグです!コウロが法令点検記録簿管理も行います。

管理者様は、7.5kw以上の第一種特定製品(点検対象機器)1台につき、1〜3年に1回、専門業者(有資格者)による法令点検を行わなければなりません。
点検は最初に目視で行い、漏えい箇所を特定するためのピンポイント点検(直接法)や、運転中の状態値、運転記録などから漏えいの有無を診断(間接法)します。有資格者である、コウロにお任せ頂ければ、専門の知識と技術でしっかり点検!

無 料フィルター洗浄無料で行います。

オプション

不具合箇所を発見し、改善のご提案をします。(別途見積)

フロン排出抑制法とは

2015年4月フロン排出抑制法が施行され、
フロンの漏えい点検が義務化されました!

これにより、第一種特定製品(業務用の空調機器(エアコン)及び、業務用冷蔵機器・冷凍機器などの冷媒としてフロン類が充填されている機器)を所有する管理者に、「全ての機器の簡易点検(3ヶ月に1回)」「7.5kw以上の機器の有資格者による定期点検の義務化(1〜3年に1回)」が必要となりました。

違反した管理者には1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が生じてしまいます!

エアコンの定期点検で経営リスクを最小限に!

フロン漏えい点検には2種類の点検があります

((( お任せ楽々 3つのプラン )))

[凡例]

点検整備記録簿の作成とデータ管理 /

不具合箇所の発見と修理のご提案 /

法令点検検査

プラン
点検整備
記録簿作成
点検整備
記録簿記入
簡易点検
法令点検
頻 度 1回あたり
1台料金

不具合発見
修理提案
(オプション)
フィルター
洗浄(無料)
A 1回限り 4,600円
B 3ヶ月に1回 9,600円
C 1〜3年に1回 29,700円

冷媒漏えい連拳整備記録簿、1台につき1記録簿
初回作成のみ

現地へ伺い、型名、出力、ガス量を調査してカルテの作成までコウロが行います。

第一種特定製品(点検対象機器)1台につき、1つの「フロン漏えい点検整備記録簿」が必ず必要です。(2016年4月以降に記録簿の無い機器は、罰則対象)記録簿は、管理者様ご自身で作成もできますが、室外機の名番や型番が見えない、出力や型番号記入などの事務手続きが意外と面倒・・・。ぜひコウロに全てお任せください!


記録簿の作成とセットになったお得なプランです。項目別に目視による点検+記録簿作成
3ヶ月に1回

点検機器の健康診断です!コウロが簡易点検と記録簿管理も行います。

管理者様は、全ての第一種特定製品(点検対象機器)1台につき、3ヶ月に1回の簡易点検を行わなければなりません。点検は、項目別に目視確認を行い、慣れていない作業にひと苦労・・・。もし点検が上手く出来ていなくてフロンを漏らしてしまった場合は、重大な罰則対象となってしまいます。
簡易点検も、コウロにお任せ頂ければ、安心の点検技術でしっかり確認!

無 料フィルター洗浄無料で行います。

オプション

不具合箇所を発見し、改善のご提案をします。(別途見積)


記録簿の作成とセットになった大型事業者向けのプランです。専門の知識による点検+記録簿作成
1〜3年に1回

点検機器の人間ドッグです!コウロが法令点検記録簿管理も行います。

管理者様は、7.5kw以上の第一種特定製品(点検対象機器)1台につき、1〜3年に1回、専門業者(有資格者)による法令点検を行わなければなりません。
点検は最初に目視で行い、漏えい箇所を特定するためのピンポイント点検(直接法)や、運転中の状態値、運転記録などから漏えいの有無を診断(間接法)します。有資格者である、コウロにお任せ頂ければ、専門の知識と技術でしっかり点検!

無 料フィルター洗浄無料で行います。

オプション

不具合箇所を発見し、改善のご提案をします。(別途見積)

((( 事業主が行う簡易点検 )))

点検実施者 点検種別 対象機種 定格出力※ 点検頻度

管理者または
業者に依頼
簡易点検
(管理者自ら点検)
※業者依頼も可
点検対象機器全て

項目別に目視での点検
点検対象機器全て 3ヶ月に1回以上

※第一種特定製品の圧縮機に用いられる電動機の定格出力。
※ガスヒートポンプについては、「圧縮機に用いられる電動機」を「動力源となるエンジンの出力」と読み替えて適用する。

フロン排出抑制法関連リンク

点検内容

○業務用エアコン

点項目検
室外機点検 機器の異常振動・異常運転
機器及び機器周辺の油のにじみ
機器のキズの有無、熱交換器の腐食、錆びなど
室内機点検 熱交換器の霜付きの有無

○冷凍冷蔵ショーケース・業務用冷凍冷蔵庫

点検項目
室内機点検 ショーケースや業務用冷凍冷蔵庫の温度
ショーケース内部の熱交換器の霜付きの有無
ショーケース内部の熱交換器や配管の油のにじみの有無
ショーケース周辺の油のにじみ
室内機点検 機器の異常振動・異常運転
機器室外機周辺の油のにじみ
室外機のキズの有無、熱交換器の腐食、錆びなど
業務用冷凍冷蔵庫 熱交換器(凝縮器・冷却器)の霜付き、油のにじみの有無(室内機)
冷凍機周りの油のにじみ、異常振動、異常運転

((( 専門業者に委託しなければならない法令点検 )))

7.5kw以上の業務用エアコンをお持ちの事業主様へ

2018年4月までに「フロン排出抑制法の法令点検」が完了していないと、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられます!

法令点検は3年に1回以上する必要があります。
2015年4月にフロン排出抑制法が施工され、
2018年4月までに法令点検を最低1回は行っていないと罰金の対象となります。

※その他、フロン放出や「機器の点検」「漏えい対処」「記録の保管」の判断基準に違反した場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

フロン排出抑制法の法令点検とは、エアコン機器の車検です!

くうき工房が「点検と点検整備記録簿」も全てデータで管理します。

点検整備記録簿の作成とデータ管理
不具合箇所の発見と修理のご提案
法令点検の検査
点検実施者 点検種別 対象機種 定格出力※ 点検頻度

専門業者
(有資格者のみ)
法令点検
専門業者による
点検作業
(有資格者のみ)
エアコン 7.5〜50kwの場合 3年に1回以上
50kw以上の場合 1年に1回以上
冷蔵・冷凍機器 7.5kw以上の場合 1年に1回以上
  • ※第一種特定製品の圧縮機に用いられる電動機の定格出力。
  • ※ガスヒートポンプについては、「圧縮機に用いられる電動機」を「動力源となるエンジンの出力」と読み替えて適用する。
  • ※有資格者とは、第一種または第二種冷媒フロン類取扱技術者のことを言う。

((( お客様の声)))

voice1

エルメック電子 様

プランA

本社工場と技術センターの「フロン漏えい点検記録簿」作成してもらいました。
どの室内機と室外機が繋がっているのかわからなかったのですが、くうき工房さんに調べてもらい、セットになっているものがわかるようにシールを貼ってもらい、管理しやすくなりました。


voice2

湯本館 様

プランB

年4回する3カ月点検のうちの、2回を依頼しています(残りの2回は自社で点検しています)。夏と冬のシーズンの前に点検してもらい、フィルター清掃と運転状態の確認を一緒にしてもらっています。旅館業のため急に動かなくなると困るので、事前に修理提案をしてもらうと、エアコン故障による空室が発生せずに済み、助かっています。

CowLo(コウロ)とは

新潟のエアコン専門スペシャリスト集団
株式会社くうき工房のフロン排出抑制法点検専門の事業です。

急速に進む地球温暖化の原因の一つが、業務用冷凍空調機器から漏れるフロンと言われています。
フロンの漏えいは、温暖化の原因の一つであると同時に、機器の機能性能を低下させ、消費電力の増加や故障の増加の原因ともなります。
新潟の若手技術者の集団である弊社は、定期点検・定期メンテナンスを通して、フロンの漏えいを防ぎ、ランニングコストの低減、機器の長寿命化を実現し、地球の未来とお客様のビジネスに貢献いたします。

〇ブランド名の由来

"Co w Lo"の由来は、古事記で国生みをする際に神々が唱えた「こうろこうろ」に、"Cool""Local"をの英語を掛け合わせました。 今までの枠に縛られず、新しい常識を自分たちで生み出すという想いと、新潟という地域から地球温暖化に取り組むという思いを込めています。

〇ロゴマークについて

ロゴマークは、彼岸花をモチーフにしています。
彼岸花の花言葉は「情熱」「独立」であり、私たちが仕事に懸ける情熱が象徴されています。

〇コウロが取り組む地域貢献

弊社では、次代に技術を継承する仕組みづくりに取り組んでおります。
その一環として新潟大学の学生と協力し、『Startup Weekend Niigata UNI』で優勝いたしました。(そのときのレポートはこちら→http://nposw.org/?p=1250
現在、学生たちと一緒に考えたビジネスモデルを実現させるため、鋭意奮闘中です!

運営会社

株式会社くうき工房フロン排出法点検事業部CowLo(コウロ)
代表取締役 遠藤 健史

〒950-0891 新潟県新潟市東区上木戸1丁目9-36
(竹尾ICを降り、仕出し美濃屋様隣り)
TEL.0120-139-194(フリーダイヤル)/ 025-378-8980
URL.http://www.ice-eng.jp


フロン漏えい関連の情報や、
日々の業務を発信中!

CowLo(コウロ)をチェック!


お問合せ

お申し込み者様情報

企業名(必須)
担当者名(必須)
ふりがな(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
郵便番号
住 所
ご連絡方法(必須)
※弊社担当者からの連絡方法を選択して下さい。

ご訪問先情報

郵便番号
住 所
エアコン設置台数
お問合せ内容(必須)

  • ■お問い合わせについて
    弊社サービスに関しての問い合わせ以外には、お返事は致しません。また、お返事はお電話にてさせて頂きます。
  • ■個人情報の取り扱いについて
    プライバシー(お名前・メールアドレス・住所・電話番号など)に係わる情報の保護に細心の注意を払って取り組みます。